ひよこ本のChapter5をやってみた

Unity4入門Chapter5をやってみた

通称ひよこ本のChapter5が終わったので動画テストも兼ねてYoutubeに公開。
まずはこれを見てほしい。

20秒ほどで終わるから。

うーーーーーーーん。

意味が分からないものができたね。

なんかこれ違うくない??

本当なら鶏がくっついて、スコアとか出たり、死亡カウンターがあったりと
もうちょっとゲームっぽいんですが、その部分を全て削り取ってる自分に驚かされた。

後は勝手に連射に改造しました。
Cannon.jsのマウスクリックの部分を
if( Input.GetMouseButtonDown(0)){
から
if( Input.GetMouseButton(0)){
にするだけでお手軽連射モードに。

違いはきっとそのくらい!!

かんたんな感想

  • Assetsのダウンロードが便利。色々使えそう。
  • スクリプトをオブジェクト毎に設定できるのは便利。Scriptに変数を設定すると値の設定がGUIで出るのもわかりやすい。
  • ProjectのCharacterをHierarchyにおいて設定して、一度消す場面があるが、そこは一度Hierarchyに置かないといけないのか?

こんな感じでした。

詰まった点。わかりづらかった点

あと、今回一番まとめたかったのはGUITextとGUITextureについて。
下記のサイトを参考にさせてもらった。

ヽ|∵|ゝ(Fantom) の 開発blog?
【Unity】【C#】【JavaScript】4.6.x の Canvas~UI Text のテキストをコードで変更する

どうやらUnity4.6だとGUI Textではなくて、Canvasの中のUI Textを使わないといけないみたい。
コードもここから拝借させてもらって無事動かす事ができた。

(この場を借りてありがとうございますと伝えておきます。)

その他気になる事

鶏がくっつかなかった

なんで鶏がくっついてくれないんだよ…
やり直せって思うだろうけど、とりあえず2Dゲームを作りたいと思ってるので
試さない方向で。

もしかしたらCanvasじゃなくてもいけた?

Unity4.6以降のGUITEXTとGUITEXUREについて
これを使えばUnity4.6でもGUITEXTとか使えそう?
まあ、使うことはないので試しはしません。参考までに。

そんな感じでひよこ本は残すことChapter6と7だけ。

今日中にやって次こそ作りたいゲーム作ろう。

追記

ってUnity5対応の出てるじゃないか!!

読んではいないけど、Unity5を使うならこちらの方がよさそうね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ