PHPerにはUnityよりCocos2dがなんて言い訳だったかもしれない

を書いてからCocos2dをいじっていたが、結局

ある程度やった段階で問題が出てきたのでまたメモ。

前回までのおさらいとか追記

Cocos2dについて

  • Cocos2dの方がiPhoneアプリにした際に容量が軽い
  • Cocos2dが基本的にソースコードでの配置なのがやりやすそう。
  • ただ、どっちを使うかは迷っている。
    タイトル通りまだPHPerから見てCocos2dの方が向いてる「かもしれない」って状態。
  • オープンソースだから好きにいじれる(初心者には無理くさいが)

Unityについて

  • 設定が楽
  • 資料が多い
  • GUI+プログラムでとっつきづらいところがある。

こんなところだった。

Cocos2dをいじってみての結果

そんなわけでCocos2dをいじってたが、また壁にぶつかりUnityへと戻りつつある感じ。

実際コードだけで配置しようと思ったら結構面倒だった

いきなりの矛盾。これでUnityを捨てたときの話が矛盾だった事に気づく。
そのせいでGUIを使おうとCocosStudioを使ってみたら配置し、iOSにコンパイルしたら、背景が反転したりして
よくわからないのでやめた。

コンパイル時に時間がかかった

プレビューまでがなかなか時間がかかると感じた。
そこまで嫌ではないが、念のため。

やっぱり参考コードが少ないじゃないか

3.7なんて選んだせいもありそう。
参考コードを探すと、英語や中国語が出てきた。
英語はまだ「なんとなくわかる」しても中国語の文章はさっぱり。

毎回最新版をとって後悔してんな俺。
英語が読めないなら今の所は3.2とかが良さそうだよほんと。

まとめていたら、見直せばCocos2dもいけるかもしれないが、詰まる所があるのはどっちも一緒

PHPerならUnityでもCocos2dでも困る所が出てくるんじゃ?
という結論。

コンパイル部分が特に苦戦って感じ。

UnityもCocos2dも「かんたん」にゲームが作れるとはうたっているけど
「比較的」はかんたんなんだろうなぁって認識。

自分のレベルの低さがよくわかった。
後はどっちでもいいからゲームを完成させよう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ